明治時代の洋風建築見学 県民の日で国重文・天鏡閣無料開放

 
3Dメガネを着けて点描曼荼羅画を鑑賞する来館者

 「県民の日」の21日、猪苗代町の国指定重要文化財・天鏡閣が無料開放され、観光客や家族連れが明治時代の貴重な洋風建築を見学した。

 同施設では、3Dメガネを着けて見ると作品が浮き上がるという点描曼荼羅(まんだら)画の福宙(ふくそら)会作品展と、猪苗代フォトコンテスト入賞作品展が開催中で、来館者は客間や廊下に展示された作品を楽しんだ。

 また同日は記念イベントとして、ガイドの案内で天鏡閣と県迎賓館(旧高松宮翁島別邸)を巡る特別公開も行われた。