赤べこ親子 駅フェスで柳津駅集合 次男「やなぎまる」も初披露

 
柳津町のPRに一役買っている大きな赤べこ親子が集合。中央が初お披露目の「やなぎまる」

 柳津町のJR只見線会津柳津駅を舞台にした「あいづやないづモダン駅フェス」は21日、同駅で開かれた。普段は駅員が配置されていない無人駅に町民や鉄道ファンらが集い、新型コロナウイルス感染対策を講じながらイベントを繰り広げ、只見線や柳津の魅力を発信した。

 町の同駅利活用検討実証事業。JR東日本、斎藤清美術館の協力。駅事務室が限定公開され、昭和の只見線に関する写真などが展示された。

 町内各地に置かれ「赤べこ伝説発祥の地 柳津町」のPRに一役買っている大きなやないづ赤べこ親子が集合し、"次男"に当たる「やなぎまる」が初披露された。

 やないづまちなかアートプロジェクトの一環で、武蔵野美大生が柳津町をテーマに描いたクロッキー(速写画)が28日まで、駅待合室に展示される予定。