プロの技小学生に指導 相馬、福島ユナイテッドコーチが教室

 
試合形式の練習で基礎技術を学ぶ子どもたち

 JAふくしま未来と共済連県本部、福島ユナイテッドFCは21日、相馬市の中村二小で「ドリームサッカー教室」を開き、受講した相馬東部SS(同市)の子どもたちにドリブルやシュートなど基礎技術を伝えた。

 同教室は、子どもたちの健全育成を目的に2011(平成23)年に始まった。本年度は今回が初めての開催となった。

 石井紀人さん、井上敦史さん、小峯拓也さんの同クラブの3コーチが講師を務め、相馬東部SSのメンバー約20人を指導した。子どもたちは小学2、3年生の初級編と同4~6年生の中・上級編に分かれて、基礎技術を学んだ後、試合形式で実践的な練習に取り組んだ。同教室は今後、福島、いわき両市などで開催を予定している。