紙を半透明にする技術開発 日進堂印刷所、脱プラやSDGs貢献

 
日進堂印刷所が開発した紙製窓付き封筒と紙製クリアファイル

 日進堂印刷所(福島市)は、特殊な印刷技術を使って紙を半透明にする新技術「ART CLEAR(アートクリア)」を開発し、この技術を使った紙製窓付き封筒と紙製クリアファイルを作った。従来製品と違い、プラスチック素材を使わずに古紙としてリサイクルが可能だ。脱プラスチックや持続可能な開発目標「SDGs」に貢献できる環境配慮型の製品となっている。

 アートクリアは半透明の部分の形を自由に設定することができ、透明度を調整することも可能。窓付き封筒の半透明の窓部分は従来、プラスチック素材のフィルムを使っていたが、今回の商品は紙の一部を半透明にして窓にしている。

 同社の佐久間信幸社長は24日、福島民友新聞社の取材に「SDGsなど今の時代の流れに沿った商品だ。これからも顧客の要望に沿った商品を開発していきたい」と話している。

 アートクリアについての問い合わせは同社(電話024・594・2211)へ。