「まん延防止」受け福島市がオンライン授業 小中学校、分散登校も

 

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うまん延防止等重点措置が福島市に適用されることを受け、同市教委は、市内小中学校でタブレット端末を活用したオンライン授業や分散登校など各学校の規模に合わせた対策を行う。

 市教委によると、対応期間はまん延防止等重点措置が適用される26日~9月12日。教室の机の間隔を空けたりより広い教室を使うことで児童生徒間の密集を防ぐほか、空き教室などを活用してクラスを分けて校内でオンライン授業を行う。また、空き教室が確保できない大規模校の場合は、分散登校を実施して学校に集まる人数を減らす方針。

 市内の中学校で最も生徒数の多い北信中では、登校を午前と午後で分ける分散登校を実施する。登校しない時間帯の授業は、自宅でタブレット端末を活用してオンラインで受ける。同校は「感染対策を最優先にして、子どもたちの学びを確保したい」とした。

 感染リスクの高い学習(合唱やグループ討論、調理実習など)は行わないほか、部活動の実施時間も制限する。

 市教委の鴫原理学校教育課長は「タブレット端末を上手に活用し、各学校の実情に合わせて学習を進めたい。登校に不安がある場合も柔軟に対応していく」とした。