福島県、新型コロナ95人感染確認 県計8243人、自宅療養497人

 

 県は25日、県内で新たに95人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。24日に陽性と判明。県内の感染確認は延べ8243人となった。同日現在の自宅療養者は過去最多を更新する497人。

 24日現在の入院者数は重症18人を含む346人で、病床使用率は54.3%と依然ステージ4(爆発的な感染拡大)の水準。122人が宿泊療養しており、82人が療養先調整中。直近1週間(18~24日)の人口10万人当たりの新規陽性者数(36.35人)、療養者数(56.72人)もステージ4の状況が続く。療養者のうち医療機関に入院できている人の割合を示す「入院率」は33.0%で連日、過去最低を更新している。

 24日に陽性と判明した95人の内訳は福島市22人、いわき市18人、郡山市15人、会津若松市8人、須賀川市と本宮市が各5人など。31人の感染経路が分かっていない。24日までに59人が退院、14人が宿泊療養施設を退所し、32人の自宅療養が解除された。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況(福島県HP)