県北で事業所クラスター 新型コロナ、製造業の従業員7人感染

 

 県が25日発表した県内の新型コロナウイルス感染状況によると、県北保健所管内にある製造業の事業所で従業員7人の感染が確認され、県内135件目のクラスター(感染者集団)が発生した。今月のクラスターは計33件で、うち事業所が15件を占める。

 会津若松市のつるが松窪病院で新たに入院患者1人の感染が確認され、クラスターは計58人に拡大。いわき市の福島労災病院では委託業者2人が陽性と判明し計38人となった。会津若松市のシェアハウスは入居者4人の陽性が分かり計12人に、本宮市の事業所は1人増え計7人となった。