職域接種呼び掛け 若松商議所、会員事業所向けに1000人分

 

 会津若松商工会議所は、会員事業所向けに行う新型コロナワクチン職域接種について、希望者は速やかに申し込みを行うよう呼び掛けている。先着順のため、期日を待たずに埋まる可能性があるため。

 接種は竹田綜合病院で行い、Aグループ、Bグループに分け各500人ずつ、計千人分を実施する。先着順で、1事業所につき20人まで。今回が1回目の接種になる人が対象となる。

 Aグループは1回目の接種が9月11日、2回目が10月9日、Bグループは1回目が9月19日、2回目が10月17日。

 この接種日の組み合わせは固定で、接種の時間は同商議所が割り振りを行う。ワクチンは米モデルナ製を使う。

 申し込みは同商議所のウェブサイトで申込用紙をダウンロードし、メールで同商議所(アドレスvaccine@aizu‐cci.or.jp)に送る。この方法以外の申し込みは無効となる。

 同商議所は「確保できる医療資源(ワクチン、医師、看護師など)に限りがあり、希望する全ての会員に案内できる状況ではない」と理解を求め、必要としている事業所の早急な申し込みを求めている。

 問い合わせは同商議所(電話0242・27・1212)へ。