広告文化向上へ一丸 福島広告協会総会、役員に顧問新設

 
郡山市で行われた総会

 福島広告協会は26日、郡山市で総会を開き、広告文化の向上に一丸で取り組むことを確認した。

 県内のマスコミや広告関係者ら約20人が出席。例年1月に開く新春講演会などの主要事業については、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて会場や開催可否を判断することとした。

 役員改選では経済界との結び付きを強めるため顧問を新設し、福島商工会議所の渡辺博美会頭と郡山商工会議所の滝田康雄会頭を選んだ。福島民友新聞社からは中川俊哉社長、菊池克彦常務・営業統括本部長が出席した。