ギャンブル依存問題解決へ講習 県遊技業協組連合会

 
あいさつする諸田理事長

 県遊技業協同組合連合会は25、26の両日、郡山市で「安心パチンコ・パチスロアドバイザー講習会」を開き、受講者がギャンブルの依存者や家族に対する助言のノウハウなどを学んだ。

 相談体制を充実させて安心できる遊技環境を整えようと、各店舗に1人以上のアドバイザーを配置することを目標に毎年、講習会を開催している。2日間で店舗経営者や従業員ら約40人が参加した。

 初日は、諸田英模理事長が「依存問題は業界を挙げて取り組むべき課題だ。われわれには安全・安心な遊技環境を提供する責任がある」とあいさつした。参加者は業界の取り組みやアドバイザーの役割、相談への対応例などを学んだ。