「どぶろく」醸造販売 国見の新たな特産に、農園レストラン完成

 
内覧会であいさつする井内さん(中央)

 国見町の井内良則さん(56)と鈴木俊一さん(58)は内閣府の「どぶろく特区」の認定を受けた同町でどぶろくの醸造、販売を始めた。24日には、どぶろくの醸造と提供を行う農園レストラン「彩季亭(さいきてい)」で関係者向けの内覧会が開かれ、関係者らがレストラン完成を祝った。食事の提供は9月中旬ごろを予定している。

 座敷とテーブル約20席あるレストランに醸造施設を併設する。どぶろくの販売を柱に、季節の地元食材を使った和食を中心に提供する予定だという。井内さんは「おいしい料理とどぶろくでお客を喜ばせたい」、鈴木さんは「どぶろくが町の新たな特産になってほしい」と意気込みを語った。

 内覧会では、引地真町長が「町になくてはならない存在になってほしい」と町の新たなにぎわい創出の場に期待を寄せた。

 「彩季亭」の住所は国見町山崎字北町田31の11。営業は水~土曜。営業時間は昼と夜の2部構成で、午前11時~午後2時と午後6時~同10時。問い合わせは彩季亭(電話024・573・6574)へ。