いわき復興支援に感謝 人間国宝・能楽師「野村幻雪さん」しのぶ

 
いわき市民に応援メッセージを送る野村さん(いわき市公式動画チャンネルより)

 21日に死去した楽師で人間国宝の野村幻雪(本名四郎)さん(84)は、東日本大震災後にいわき市の小学校などを訪れての文化を伝え、市の応援大使としても活動するなど復興の手助けに尽力した。

 野村さんは観世流シテ方の役者。人間国宝に任命された翌年の2017(平成29)年から復興支援のため、同市の小学校や高校でを紹介する特別授業を行った。

 また公民館、アリオスなどでの体験教室やイベント、講演などを行い、文化を伝えてきた。

 20年1月には市の応援大使に任命された。コロナ禍では市民への応援の動画を寄せ、メッセージやの演目を披露した。動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」の市公式動画チャンネルで公開されている。

 清水敏男市長は23日、野村さんの市への復興への尽力、功績に感謝しながら「生前をしのび、改めて衷心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを発表した。