海感じるご朱印 小名浜諏訪神社、青い鳥居や波の模様話題

 
「ご朱印を見て小名浜のことを思い浮かべてほしい」と話す小名川宮司

 いわき市の小名浜諏訪神社が取り扱う同神社のシンボルの青い鳥居や、小名浜の海をイメージした波の模様が入ったご朱印が話題になっている。同神社の小名川祐輝宮司(28)は「ご朱印から海の恵を感じてほしい」と話す。

 同神社は地元の漁業、海事関係者らが豊漁や航海の安全を願うなど、海との結び付きが強い。近年、ご朱印集めを楽しむ人が増えているため、全国的に珍しい青い鳥居がある同神社の特徴を出したデザインを発案した。

 青い波の模様を入れたのは今月からで、季節ごとに色を変えるなどして楽しめるようにすることも検討している。小名川宮司は「ご朱印を見て、小名浜のことを思い浮かべてくれる人が増えるとうれしい」と期待を寄せている。問い合わせは同神社(電話0246・92・2656)へ。