認定飲食店を応援へ 福島県がプレミアム付き商品券の発行想定

 

 県は、新型コロナウイルスの感染防止対策を講じている飲食店に対する第三者認証制度「ふくしま感染防止対策認定店」の応援事業に乗り出す。認定店で使える「プレミアム付き電子商品券」の発行を想定しており、感染状況が落ち着いた段階での開始を見込み、制度構築を急ぐ。

 27日の県感染症対策本部員会議で方針を示した。県によると、県内では19日現在、1405店が認定を受けている。一方、対象となる飲食店は約7000店あり、県は飲食店が認証を取得する動機付けにつなげて認定店を増やす狙い。コロナ禍の長期化で落ち込んだ飲食需要を喚起することで、地域経済の活性化を図る。認証制度は、食品衛生指導員による現地調査で十分な対策が取られていると確認された店に、県がお墨付きを与える仕組み。認定店にはオレンジ色のステッカーを交付している。