「馬肉の日」限定定食 コラッセふくしまで会津産に舌鼓

 
新鮮な会津産馬肉に舌鼓を打つ来場者

 8月29日の「馬肉の日」にちなみ、福島市のコラッセふくしま1階の県観光物産館で28、29の両日、会津産馬肉を使用した定食を特別価格で提供、来場者が新鮮な会津産馬肉に舌鼓を打っている。

 会津地方の郷土料理を提供する鶴我(会津若松市)が同館に出店。定食には馬刺しに加え、桜肉みその田楽、筋煮、しぐれ煮などの小鉢が付いている。各日100食限定。

 定食を味わった福島市の高橋三男さん(63)は「新鮮でとてもおいしい」と満足げな表情を浮かべた。鶴我の入谷聡美女将は「開催できるか心配だったが、客席の間隔を空けるなど感染防止対策を徹底している。ぜひ会津産の馬刺しを味わってほしい」と話した。同館では持ち帰り用の馬肉も販売している。定食の販売は午前10時からで、なくなり次第終了する。