朝日が丘小が全国切符 いわきで福島県合唱コンクール開幕

 
重厚なハーモニーを響かせる生徒ら=28日、いわき市・アリオス

 第75回県合唱コンクールは28日、いわき市のアリオスで開幕した。初日は小学校、高校のコンクールの部などが行われた。小学校では金賞・県教育長賞に朝日が丘が選ばれ、2年ぶりに開催される全国大会の切符を獲得。高校は金賞・県教育長賞の会津を含む9団体が東北大会出場を決めた。

 県合唱連盟などの主催。小学校に2団体、高校のコンクールの部に31団体、音楽祭の部に1団体が出場した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2年連続の無観客開催となったが、児童、生徒が日ごろの練習成果を披露した。

 小学校の全国大会は11月6日、埼玉県所沢市の所沢市民文化センターミューズ、高校の東北大会は9月24日に山形市のやまぎん県民ホールで開かれる予定。

 県合唱コンクール最終日の29日は中学校と大学ユース一般の2部門が行われる。

 ◇小学校部門 ▽金賞=朝日が丘、大島

 ◇高校コンクールの部 ▽金賞=会津、郡山、安積黎明(女声)、安積、日大東北、葵▽銀賞=会津学鳳、福島、橘▽銅賞=安積黎明(混声)、福島東、郡山東、郡女大付、田村、いわき総合、会津若松ザベリオ学園

 ◇高校音楽祭の部 ▽優良賞=修明