スイカ絵馬に健康祈願 いわき・諏訪神社、ご朱印や限定お守りも

 
「スイカにあやかって残暑を乗り切ってほしい」と話す鈴木宮司(右)

 いわき市四倉町の諏訪神社は26日から、スイカを描いた丸い絵馬を頒布している。9月30日まで。

 同地区は毎年8月、夏祭りの一つとして路上でスイカを売る恒例行事「西瓜(すいか)祭り」を開いていた。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で2年連続で中止になったことを受け、今年から新たに絵馬を用意した。同神社の鈴木宣之宮司は「スイカにあやかって残暑を乗り切り、残り半年の健康を祈願してもらいたい」と話している。

 同神社では絵馬のほか、スイカのスタンプが押されたご朱印と限定100個で手作りのスイカお守りも頒布している。初穂料は、絵馬は600円、ご朱印は500円、お守りは1000円。問い合わせは同神社(電話0246・32・2485)へ。