ダクト板金の技能検定 須賀川、県職業能力開発協会開催

 
合格を目指し、作業に励む受験者

 県職業能力開発協会は26日、須賀川市の県ものづくり支援センターで技能検定・ダクト板金作業の実技試験を行った。ダクト工事に関わる県内事業所の4人が合格を目指して試験に挑んだ。

 受験者は工具を駆使して、鋼板を加工してダクトに短管を取り付ける作業に臨んだ。9月5日に筆記試験が行われ、10月1日に合否が発表される。