キャッシュカードだまし取られる...郡山の60代女性が150万円被害

 

 29日午後、郡山市の60代女性から、財務局員を名乗る男にキャッシュカードをだまし取られたと郡山署に110番通報があった。女性の二つの口座から計150万円が引き出されており、同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、同日午前10時30分ごろ、女性方に郡山署員を名乗る男から「あなたの口座からお金を引き落としている者がいる」と電話があった。その後、財務局員を名乗る女から「これから財務局員が伺う」などと言われ、女性は口座がある金融機関を教えた。

 その後、女性が署員を名乗る男と再び電話で話している最中に財務局員を名乗る男が訪れ、女性から渡されたキャッシュカードなどを封筒に入れて持ち去ろうとした。不審に思った女性が電話の男に確認している間、訪問してきた男に別の封筒とすり替えられ、カードなどを盗まれたという。