ミネアポリス美術館展、来場者2万人突破 9月5日まで開催

 

 福島市の県立美術館で開かれている「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展」の来場者が29日、2万人を突破した。長根由里子館長が2万人目となった親子連れに記念品の図録や菓子を手渡した。

 会期が残り1週間となる中、長根館長は「徹底した感染対策を実施していきたい」とした。

 同展は欧米屈指の日本美術コレクションで知られる米ミネアポリス美術館の収蔵作品が並ぶ。県立美術館、福島中央テレビ、福島民友新聞社でつくる実行委、ミネアポリス美術館、読売新聞社の主催で9月5日まで。

 観覧料は一般1500円、学生1100円、小中学生・高校生650円、未就学児は無料。開館時間は午前9時30分~午後5時。月曜休館。問い合わせは県立美術館(電話024・531・5511)へ。