いわき市長選告示、現新4氏が立候補 9月5日投開票

 

 任期満了に伴ういわき市長選は29日、告示された。立候補したのは届け出順にいずれも無所属で、現職の清水敏男氏(58)=2期=と、新人で元衆院議員の宇佐美登氏(54)、元文部科学省室長の内田広之氏(49)、前常磐共同ガス社長の猪狩謙二氏(59)の4人。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うまん延防止等重点措置が適用される中、各候補とも感染症対策を講じつつ有権者への浸透を図る。投票は9月5日で即日開票される。

 4人が立候補するのは1966(昭和41)年と2013(平成25)年に並び最多。今回は現市政2期の是非が問われる。市では新型コロナへの対応が喫緊の課題で、新型コロナに加え災害などの危機管理、医療・福祉の充実、少子高齢化・人口減対策が争点となる。

 清水候補は東日本大震災からの復興や企業誘致など2期8年の実績を強調した上で市政継続による「復興防災都市」やスマート社会の実現を公約に掲げる。

 宇佐美候補は医療や子育ての充実を主張。365日受診可能な小児科・内科クリニックの設置のほか、大型遊戯施設の誘致による地域活性化などを訴える。

 内田候補は工業系大学の誘致や浜通りに整備される予定の国際教育研究拠点と連携した市政運営など、教育政策の推進による人材育成を公約の柱に据える。

 猪狩候補は経済の底上げに向けた企業誘致と雇用創出を推進。蓄電池や再生可能エネルギー関連企業を集積する「バッテリーバレー構想」の実現を訴える。

 28日現在の選挙人名簿登録者数は計26万9278人(男性13万1679人、女性13万7599人)。