40代福島県職員を停職6カ月 欠勤繰り返す、上司に暴言

 

 県は30日、40代の男性職員を停職6カ月、20代と30代の男性職員2人を減給1カ月の懲戒処分にしたと発表した。40代男性は県中地方の出先機関に勤務し、計35日にわたり正当な理由なく欠勤を繰り返したほか、欠勤について指導した上司に「パワハラだ」「殺したいほど嫌い」などと暴言を浴びせた。30日付。

 40代男性が欠勤を繰り返した期間は昨年8月28日~今年5月14日。男性は病気を理由としたが、診断書の提出を求められても応じなかったという。県は暴言で不安感や恐怖感を与え、職場内の秩序を乱し業務に支障を生じさせたとしている。男性は反省しているという。

 30代男性は県中地方の出先機関に勤務。3月15~25日、4回にわたり会津若松市にあるパチンコ店の駐車場に、ガスコンロや風呂のふたなど計16.8キロの家庭ごみを不法投棄した。パチンコ台が整備不良として店の対応に腹を立てたという。防犯カメラにごみを捨てる様子が写っており、店が警察に相談。男性は廃棄物処理法違反容疑で書類送検され、その後、不起訴になったとしている。

 20代男性は相双地方の出先機関に勤務。4月11日、南相馬市原町区の県道で勤務時間外に私用車を運転し、制限速度を32キロ超過する82キロで走行。取り締まり中の警察官に検挙された。