スキー場でオフロードバイクレース 猪苗代・箕輪スキー場

 
オフロードバイクでスキー場のコースを疾走する参加者

 自然の地形をそのままコースに設定して走行するオフロードバイクの耐久レース「JNCC全日本クロスカントリー選手権」の第6戦が29日、猪苗代町の箕輪スキー場で開かれた。東北での開催は初めて。

 規定時間内に何周できるかを競う大会で、全国のアマチュアライダー約340人が参加した。競技時間別に50分(子どもと初心者)、100分、3時間の3部門で競い、1周10キロのスキー場のコースを楽しんだ。入門者から中級者が対象のレース「WEXイースト」第6戦は9月12日、同スキー場で開かれる。