「コロナワクチン接種記録」スマホで確認 若松市9月下旬開始

 
ワクチン接種記録確認サービスのスマホ画面のイメージ(スーパーシティアイクトコンソーシアム提供)

 会津若松市で今月下旬から、スマートフォンで新型コロナワクチン接種記録を確認できるサービスが始まる。将来的には、飲食店や宿泊業者がワクチン接種歴を確認し、適切なおもてなしができるような仕組みづくりを目指していく。

 サービスは、市と「スーパーシティアイクトコンソーシアム」が連携して実施する。市が運営するスマートフォンアプリ「会津財布」をダウンロードし、ワクチン接種券番号などを入力すると接種した日付などが表示される仕組みだ。

 政府は、年内にも接種証明をデジタル化して国内で使えるように検討を進めている。市とコンソーシアムは国に先駆けて取り組みを進めることで、デジタル庁への情報提供や他地域へのシステム導入につなげたい考えだ。