南相馬・松永牛乳「アイスまんじゅう」CDに、コロナ禍に笑顔を

 
音楽を聞いて笑ってほしい」と話す井上社長

 南相馬市の松永牛乳は1日、看板商品「手造りアイスまんじゅう」をモチーフにした曲のCDアルバムを発売する。井上禄也社長(48)は「新型コロナウイルスの影響で気持ちが沈むこともあるが、そんなときに救ってくれるのは音楽。友人との話題に使ってもらい、笑ってほしい」と話す。

 収録されているのは「アイスまんじゅうのうた」など5曲。首都圏を中心に活動するインディーズバンド「相模の風THEめをと」が作詞と作曲を手掛けた。

 同バンドは東日本大震災後、各地で東北応援を目的にライブを主催している。井上社長が2016(平成28)年7月に、同市小高区で開かれた同バンドの演奏会で意気投合し、作曲を依頼していた。

 「君と縁側でアイスまんじゅうを食べよう」「寝ても覚めてもアイスまんじゅう」などのフレーズを盛り込んだ曲となっている。CDジャケットには、同市の雲雀ケ原祭場地を背景に、同社のキャラクターを登場させた。

 CDは1800円。相馬市の浜の駅松川浦をはじめ、南相馬市のセデッテかしまや道の駅南相馬、黒潮海苔店、南相馬観光協会、浪江町の道の駅なみえで販売する。問い合わせは松永牛乳(電話0244・23・2612)へ。