いわき市長選「一票を大切に」 平三中生、啓発動画を制作公開

 
制作した動画の一場面

 任期満了に伴い5日投開票で行われるいわき市長選に合わせ、同市の平三中のキャリア教育推進委員を務める生徒たちは8月30日、一票の大切さを伝える2種類の啓発動画を制作した。動画投稿サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネルで公開している。

 「『小さな選択』が未来の『大きな選択』になる」と題した約2分の動画では、2020年の市議選の投票率を紹介。18歳は40・29%だったのに対し、20~24歳は22・8%と低かったことを指摘している。防災や新型コロナウイルス感染症など重要な課題がある中で、投票への参加を訴えている。

 二つ目の動画は、投票所の受け付けから投票までにかかるおおよその時間「2分30秒」をテーマに制作された。身近な暮らしの中で2分30秒でできることをユーモアを交えながら紹介。同じ時間内で簡単に投票できることを紹介している。

 動画への問い合わせは市選管(電話0246・22・7532)へ。

 新聞各紙に選挙公報

 市選管は1日、福島民友新聞などの新聞各紙に、候補者4人の公約などをまとめた選挙公報を折り込んだ。市内の各投票所でも配布している。今回の市長選では計12万5千部を印刷。各候補者の顔写真やイラストをはじめ、公約やプロフィルなどを紹介している。