要田小児童に「クマよけ鈴」配布 田村市教委、目撃情報で注意を

 
児童たちに配布された「クマよけ鈴」

 田村市の要田小の近くでクマの目撃情報が寄せられたことを受け、同市教委は8月30日、同校にクマよけ鈴を配布した。児童たちに登下校時などに身に着けてもらうことで、安全確保策につなげる。

 田村署などによると、8月25日午後6時ごろ、三春町南成田の農道で、男性が道路を横切るクマ1頭を目撃した。

 目撃情報があった同町周辺の同市船引町永谷地区では今年5月、ツキノワグマ1頭が市内で初めて捕獲されている。市はクマの生息域が拡大している可能性もあるとして、注意を呼び掛けている。