西会津の有害鳥獣対策活動に期待、地域おこし協力隊員 辞令交付

 
薄町長から協力隊員の辞令を受ける児山さん(右)

 西会津町は1日、町地域おこし協力隊の児山武士さん(49)に辞令を交付した。任期は同日から最長3年。

 児山さんは東京都出身。有害鳥獣の担当として対策に取り組み、有害鳥獣の捕獲や町民への駆除啓発活動に当たる。猟友会活動にも参加してネットワークを構築する予定。

 わな、銃猟など各種狩猟免許を所持しており、実際の狩猟経験もあるという。町では今年、多くの狩猟免許取得者がおり、指導などにも期待が寄せられている。

 交付式で薄友喜町長は「有害鳥獣対策は喫緊の課題。町では特にイノシシの被害をどう食い止めるか、経験を生かした対策に取り組んでほしい」と訓示した。