菅首相退陣の意向「責任極めて大きい」 福島県野党国会議員

 

 菅義偉首相(72)は3日、退陣する意向を表明した。自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に立候補せず、再選を断念する考えを党臨時役員会で示した。

 野党の本県関係国会議員からは「コロナ禍に対応できず、2代続けて首相が政権を投げ出す事態を招いた責任は極めて大きい」との批判が相次ぎ、衆院選に向け対決姿勢を強めた。

 「感染拡大が続く中での政治空白は許されず、総裁選を前倒しで行うべきだ」。立憲民主党副代表の玄葉光一郎元外相(衆院福島3区)は苦言を呈し、「新首相で中身が変われるのかを見定めた上で国会、総選挙で政策論争していく」とした。

 同党の小熊慎司衆院議員(比例東北)は「コロナ対策のため必要な国会を開かず総裁選にかかり切りで求心力がなくなったから不出馬とは。国民不在の無責任な対応」と指摘。同県連代表の金子恵美衆院議員(福島1区)は「臨時国会を開かず党内の権力闘争に明け暮れているのは許しがたい。与党では政治への信頼を取り戻せない」と強調した。

 共産党の岩渕友参院議員(比例)は「コロナへの無為無策、強権政治に対する国民の怒りに追い詰められたことの表れ。市民と野党の共闘で政権を代えていく」との見解を示した。