内堀福島県知事が新型コロナ対策本部長代行に就任 全国知事会

 

 全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は3日、オンラインで記者会見し新体制を発表、内堀雅雄知事が新型コロナウイルス緊急対策本部長代行・副本部長に就任した。内堀知事はオンライン会見で「新型コロナは喫緊の課題。国や都道府県知事と緊密に連携しながら何としてもここで抑え込まなければならない」と抱負を述べた。

 平井会長の後を受ける形で本部長代行に就く内堀知事は、社会保障常任委員長を兼務する。内堀知事は「高齢化の進展に伴う医療提供体制の整備や医療従事者の確保、医療費の適正化など社会保障を取り巻く課題は山積している」と述べ、課題解決に意欲を示した。農林商工常任委員会副委員長も引き続き務める。