いわきの飲食店でクラスター 従業員5人感染、時短要請従わず

 

 いわき市は3日、同市の接待を伴う飲食店で女性従業員5人の新型コロナウイルス感染が確認され、クラスター(感染者集団)が発生したと発表した。同店はまん延防止等重点措置に伴う営業時間の短縮要請に従わず、午後8時以降も営業していた。市は店名を公表していない。3日までの県発表分に含まれる。

 市によると、20代の女性従業員に発熱などの症状が現れ、PCR検査の結果、8月31日に陽性が判明。濃厚接触者となったほかの従業員も検査し、2日に新たに20~40代の4人の感染が分かった。

 内訳は20代3人、30代1人、40代1人。市は、残りの従業員や来店客約10人にPCR検査を行う方針。