いわきの事業所でクラスター 職員ら5人感染確認

 

 いわき市は4日、同市の事業所で職員ら5人の新型コロナウイルス感染が確認され、クラスター(感染者集団)が発生したと発表した。市は事業所名を公表していない。4日までの県発表分に含まれる。

 市によると、20代の女性職員に発熱や喉の痛みなどの症状が現れ、8月31日に検査した結果、陽性が判明した。濃厚接触者や接触者となった職員と事業所に出入りしていた関係者を検査し、3日までに新たに職員3人、関係者1人の感染が分かった。

 内訳は20代1人、30代2人、50代1人、70代1人。市は今後、陽性になった職員の家族らに順次検査を行う。