震災復興歌でつなぎ続ける MayJ.さんと郡山の児童・生徒

 
FCT郡山少年少女合唱団のメンバーと歌声を響かせるMayJ.さん

 郡山青年会議所は5日、郡山市の郡山女子大建学記念講堂大ホールで「MUSIC TOMORROW KORIYAMA」を開いた。女性歌手MayJ.さんと地元の子どもたちが東日本大震災復興支援ソング「未来へつなぐメッセージ」を歌い上げた。

 同曲は、本県などの子どもたちが将来に希望を持てるようにとの願いを込め、音楽プロデューサー多胡邦夫さんが制作。浜通りの子どもの話を聞くなどして2014(平成26)年に完成させた。

 この日はMayJ.さんとFCT郡山少年少女合唱団、多胡さんが登壇し、事前に録音した郡山七中、安積黎明高、日大東北高の合唱部生徒の歌声に合わせて合唱した。

 MayJ.さんは「曲に込められた思いは子どもたちに伝え続けなければいけないもの。これからも大切にしたい」と話した。

 イベントには約150人が来場。動画投稿サイト「ユーチューブ」でも配信された。

 福島市のシンガー・ソングライターMANAMIさんや「がくとくんバンド」、安積高合唱部なども登場した。