食べて削って飲食応援 須賀川、1000円以上でスクラッチ

 
実施店舗の目印となるポスターを手に、参加を呼び掛ける組合員

 須賀川飲食店組合は6日から、須賀川市の加盟59店舗でキャンペーン「須賀川食べて削ってスクラッチ」を始めた。千円以上の会計で、最高2千円の割引券が当たるスクラッチくじをその場でプレゼントする。

 新型コロナウイルス禍で合同のイベント開催などが困難な中、市民に店を訪れてもらうきっかけをつくろうと企画した。合計140万円分の割引券を用意しており、割引券は券を受けた店舗のみで使用できる。

 券の有効期限は10月20日までで、店によっては当たったその場で利用できる。キャンペーンの参加店舗にはポスターを掲示している。

 水落行男組合長は「企画を通じてお客さんが笑顔になり、地元の飲食店の魅力を知ってくれればうれしい」と話した。

 問い合わせは同組合(電話0248・75・1188)へ。