バスにも妖怪出現 若松、県立博物館企画展最終日の26日まで

 
妖怪や幽霊のイラストで飾られたバス

 会津乗合自動車(会津バス、会津若松市)は、県立博物館(同市)で開催中の企画展「あはひのクニ あやかしのクニ―ふくしま・東北の妖怪・幽霊・怪異」に合わせたバスを運行している。窓や車内に「出現」した妖怪や幽霊のイラストが乗客を出迎えている。企画展最終日の26日まで。

 妖怪たちのイラストで飾られているのは、まちなか周遊バス「ハイカラさん」の2台。企画展への入り口として、バスの車内から不思議な雰囲気を味わってもらおうと企画した。

 企画展の開幕から運行しており、乗客からの評判は上々という。同社の担当者は「バスがきっかけで企画展に興味を持ったという方もいる。7日からの後期展示にも、ぜひ足を運んでいただきたい」と話した。