幽霊画、20点追加 「あはひのクニ あやかしのクニ」展示替え

 
後期展示が始まった県立博物館の企画展

 県立博物館(会津若松市)で開催中の企画展「あはひのクニ あやかしのクニ―ふくしま・東北の妖怪・幽霊・怪異」は一部の展示替えが行われ、7日から後期展示が始まった。

 南相馬市の金性寺(きんしょうじ)に伝わる幽霊画約20点が新たに加わったほか、百鬼夜行図はこれまでと違った場面を紹介している。声優の石田彰さんが会津に伝わる怪談などを朗読した音声が楽しめるコーナーも、後期展示に合わせて内容が変わった。

 企画展は26日まで。毎週月曜日休館(20日は開館し、21日休館)。問い合わせは県立博物館(電話0242・28・6000)へ。