野馬追Tシャツで若者にアピール 南相馬市に祭り支援会社が贈呈

 
オンラインで行われた贈呈式

 全国の祭りを支援する「オマツリジャパン」(東京都)は3日、南相馬市の門馬和夫市長に相双地方の伝統行事「相馬野馬追」をイメージしたTシャツを寄贈した。

 同社は全国の祭りと協力したグッズ開発を行い、売り上げの一部を祭りの主催者に寄付する取り組みを始めた。その第1弾として野馬追を取り上げた。

 贈呈式はオンラインで行われ、オマツリジャパンの菅原健佑チーフ・プロジェクト・オフィサーと門馬市長が懇談した。門馬市長は「野馬追のファンをどう確保するかが課題となっている。Tシャツを通して若者に興味を持ってもらえると思う」と語った。