喜多方自転車道の環境整備に汗、サイクルシティ協と郵便局長ら

 
草刈り作業を行った参加者

 サイクルシティ喜多方協議会と会津郵便局長会喜多方部会は5日、喜多方市の県道会津若松熱塩温泉自転車道で清掃活動を行い、参加者が環境美化活動に汗を流した。

 自転車を生かした観光振興に取り組む同協議会は、草が生い茂る夏の時期に合わせて毎年、自転車道の草刈りを行っている。今年は昨年に続き、自転車が趣味の会津村松郵便局の斎藤誠局長が各局長に呼び掛け、合同で環境整備を行った。約20人が参加し、押切川沿いの自転車道に生い茂った草を刈った。

 同協議会の新明竜太会長は「清掃した自転車道を活用して心も体もリフレッシュしてほしい」と話した。