市街地で「クマ」...対応に難題 麻酔銃使えるのは福島県内4人

 
麻酔銃を撃つために旧工場内にいるクマの様子をうかがう飯田さん(左)=7月8日午後6時ごろ、喜多方市松山町

 市街地に現れたクマの安全な捕獲に必要な、麻酔銃の撃ち手が不足している。喜多方市で7月、まちなかに現れたクマが旧工場内に逃げ込む事件が起こるなど、本県でも市街地にクマは着実に近づいているが、撃ち手はわずか4人にとどまっている。そのうちの一人、猪苗代町農林課の飯田優貴さん(37)は「改めて地域全体でクマを寄せ付けない対策を取ることが欠かせない」と訴える。

 「障害物がたくさんある。麻酔を効かせるためには、着実にクマの筋肉に撃ち込まないと」。7月8日、飯田さんは、旧工場内を走り回るクマに麻酔銃を構えた。県からの要請を受け、喜多方市の現場に到着してから1時間半が経過していた。好機を逃さず引き金を引き「これまでの中でも難しい現場」で、無事にクマの捕獲に成功した。

 市街地でクマを捕獲する場合、猟銃は安全性を確保するため警察の許可がないと使えない。そのため、麻酔銃での捕獲になる。ただ、猟銃とは別の免許、麻酔の管理についても許可が必要なため、なり手が少ない。麻酔は1時間ほどしか効かず、その間にクマの体重に応じて必要な数の麻酔を命中させる腕も求められる。人材育成は急には進まず、広い県土を飯田さんら4人がカバーしている。

 県内のクマの目撃は昨年度、過去最多の603件に上った。飯田さんは、学生の時から野生動物の調査などに関わっていた。「狩猟者が減っているからだと思うが、クマはプレッシャーを感じることなく動き、人に警戒心がない」と感じるという。クマと向き合うのは命懸けだ。できれば、麻酔で捕獲する事例がなくなることを望む飯田さん。「すみ分けをしないといけない」と指摘する。

 クマが市街地に来る前に近寄ることを防ぐには、どうするか。喜多方市や西会津町、北塩原村などは、集落ごとの被害防止に向けた専門員を配置している。電気柵の設置や追い払うための花火の使用方法を指導するほか、里山近くの木々を切り、人や動物の「姿が見える」環境を整えている。

 県によると、本年度のクマの目撃件数は8月末現在273件で、前年度同期比で108件減っている。ただ、県自然保護課は「昨年度は秋口も目撃件数が多かった。木の実などの食料が不足だと人里に下りてくることがある」と、油断することなく注意を促す。


 飯田さんは、クマを寄せ付けない対策にも取り組んでいる。その経験から「クマは学習能力が高い。餌がある場所は記憶して次の年も来る。農地やカキの木を持っている人だけではなく、集落全体でクマ対策を考えなければならない時期に来ているのではないか」と訴える。(斎藤優樹)