東邦銀行がシェア1位、2位は大東銀行 福島県内企業メインバンク

 

 東京商工リサーチ郡山支店が9日発表した県内企業のメインバンクに関する調査結果によると、2万4878社のメインバンクのトップは東邦銀行の1万145社で占有率は40.78%だった。2位は大東銀行の2428社(9.76%)、3位は福島銀行の2181社(8.77%)で上位3行で約6割を占めた。

 占有率は【表】の通り。10位までの順位は昨年と同じだった。10位までの中で占有率が上がったのは東邦銀行のほか、福島、須賀川、会津の各信用金庫といわき信用組合で、郡山支店は「東邦銀が40%台のシェアで安定し、地域に根差した信金と信組も力を示した格好になった」と分析している。

 東邦銀は東北では七十七銀行(宮城県)に次いで2位に入り、全国では31位だった。