暴力団関係など交友を捜査 小名浜の殺人、9月11日で1週間

 

 いわき市小名浜の職業不詳の男性(56)が自宅近くで刺殺された事件は、11日で発生から1週間となる。現場の状況や関係者への聞き込みなどから、いわき東署捜査本部は暴力団絡みのトラブルが事件に発展した可能性もあるとみて、男性の交友関係を中心に捜査し、逃げた犯人の行方を追っている。

 捜査関係者によると、男性は暴力団関係者とみられる。男性の知人によると、暴力団の加入や脱退を巡ってトラブルになっていたという。同市では2月、暴力団が使用する事務所に銃弾が撃ち込まれる事件が発生しており、捜査本部が今回の事件との関連も調べている。

 捜査関係者によると、男性は車を降りて徒歩で帰宅途中、貨物鉄道の線路内で襲われたとみられる。遺体には数十カ所の刺し傷や切り傷があり、日本刀などの刃の長い凶器が使用されたとみられる。