郡山・農産物直売「あぐりあ」人気 オープン半年、来店者23万人

 
客足も順調に伸びる農産物直売施設「あぐりあ」

 JA福島さくらが郡山市安積町に建設した農産物直売施設「あぐりあ」は16日、オープンから半年を迎える。9日現在、来店した客数は約23万3400人、売上高は約3億9800万円に上っており、同JAは「客足は順調に伸びている。買い物だけではなく、地域交流の拠点として多くの人に活用してもらいたい」としている。

 あぐりあは、同JA初となる多機能型施設として3月16日、東北道郡山南インターチェンジの近くに開設された。

 施設には農産物などを取り扱う直売所のほか、地元業者による飲食店、コーヒー店などが入る。休憩や料理教室などに使えるコミュニティースペースも整備した。

 店内には野菜や果実などの新鮮な食材、豊富な加工食品などが並び、現在は特産の梨などが人気を集めている。これからの季節は精米したての新米やブドウ、布引高原産の大根などが店頭を飾る。

 同JAの橋本剛一代表理事専務は今後の運営について、「新型コロナウイルスが収束すれば、館内でのイベントも本格的にできるようになる。近くにある郡山カルチャーパークと連携した回遊性にもつなげていきたい」と話している。