こども食堂運営団体に善意 米800キロ贈る

 
江川代表(左)に目録を手渡す輿課長

 米穀卸売業の東北むらせ(郡山市)は8日、県内で子ども食堂を運営する33団体でつくる「ふくしまこども食堂ネットワーク」に米600キロを寄贈した。贈られた米は各団体を通して、こども食堂を利用している家庭に届けられる。

 同社が4月に発売したブレンド米「つぶら」の売上金の一部を活用し、子どもたちを支援しようと実施した。

 寄贈式は郡山市のネットワーク事務局で行われ、同社の輿康之営業部課長が江川和弥同ネットワーク代表に目録を手渡した。