藤井三冠、史上最年少 竜王戦第3局は10月にいわき

 

 将棋の藤井聡太二冠(19)が豊島将之叡王(31)に挑戦していた第6期叡王戦5番勝負第5局は13日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、111手で先手の藤井二冠が勝ち、3勝2敗で初獲得し三冠になった。19歳1カ月の3タイトル同時保持は最年少で10代初。全八冠のうち、三冠は現在の最多で渡辺明名人・棋王・王将(37)と並んだ。

 藤井三冠が初挑戦する竜王戦7番勝負第3局は10月30、31の両日、いわき市常磐湯本町の旅館「新つた」で行われる。