福島県、ワクチン2回接種後感染48人 新型コロナ、重症化なし

 

 県は15日、新型コロナウイルスのワクチン接種完了後に陽性となる「ブレークスルー感染」が県内で48人確認されたと発表した。7、8月に県内で感染が判明した陽性者3878人を対象に集計した。

 県によると、48人は免疫を獲得したと考えられる2回目接種から2週間経過後に感染が確認された。12人が中等症、36人が無症状または軽症で、重症化した人はいなかった。1回目も含めると接種後の感染者は242人に上った。

 県は「免疫を獲得したと考えられる期間を過ぎても感染、発症するリスクがある」として、接種後もマスク着用など基本的な感染対策を徹底するよう求めている。重症化した人がいなかったことについては「ワクチン接種で重症化を防ぐことが期待できる」とした。