ものづくりで福島復興に意欲 県立テクノアカデミーの池田さん

 
安斎部長(左)に受賞を報告した池田さん(中央)

 県立テクノアカデミー浜機械技術科2年の池田雅治さん(19)が、第16回若年者ものづくり競技大会の「旋盤」競技で敢闘賞に輝いた。池田さんは15日、県庁を訪れ、安斎浩記商工労働部長に結果を報告した。

 大会は厚生労働省と中央職業能力開発協会の主催。若年者が進んで技能者を目指す環境を整備し、人材の確保・育成につなげようと開催しており、今年は8月4~6日に愛媛県で開かれた。15競技が行われ、本県からは池田さんら同校の4人が参加した。

 池田さんは安斎部長に賞状とメダルを披露し、作品製作の苦労などを説明した上で「福島の復興に向けて、ものづくりをもっと盛り上げていきたい」と語った。安斎部長は「ますます技術を磨き、ゆくゆくは本県の産業を背負ってほしい」と激励した。

 指導に当たった古泉貴啓副教務主任が同席した。