タクシー、11月から1割値上げへ 小型と中型「普通車」に統合

 

 東北運輸局は16日、県内のタクシーの新たな運賃を公示した。料金は実質的に約1割値上げとなり、車種区分で小型車と中型車を「普通車」に統合する。適用は11月1日付。料金改定は、消費税引き上げを除き2007(平成19)年12月以来、14年ぶりとなる。

 改定料金は、小型車と中型車が統合された普通車の初乗り運賃(1キロまで)が580円、加算料金が248メートルごとに90円。現行の初乗り運賃は、小型車が520円、中型車が530円だった。

 初乗り運賃は、特定大型車も現行の700円から780円、大型車が670円から750円に値上げとなる。料金加算の距離も短くなる。

 運賃改定を巡っては、従業員の待遇改善や燃料費・車両代高騰などを理由に、県内のタクシー会社が19年3月に同運輸局に値上げを申請。同運輸局は昨年12月、「値上げが必要」と判定し、値上げ額の検討を進めてきた。改定率は11.47%。同運輸局によると、今回の運賃改定に伴い、タクシー会社の収益は全体で1割程度の増収になる見込みという。