「会津まつり」9月18日から開催 規模を縮小、19日に藩公行列

 

 会津の秋の風物詩「会津まつり」は18~20日、会津若松市の鶴ケ城公園などで開かれる。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、街中での行進を中止するなど規模を縮小して開催される。

 18日は午後5時30分から提灯(ちょうちん)行列が行われる。鶴ケ城公園多目的広場から鶴ケ城本丸までにコースが短縮された。

 19日は午前9時から先人感謝祭とメイン行事の会津藩公行列、20日は午前10時10分から日新館童子行列が行われる。藩公行列、童子行列はいずれも多目的広場内で式典と行進が予定されている。多目的広場の入場は関係者のみに限る。

 式典の様子は動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信する予定。ユーチューブのページは協会ホームページからアクセスできる。問い合わせはまつり協会(電話0242・23・4141)へ。