「斎藤清VSピカソ」開幕! 柳津、11月28日まで版画企画展

 
斎藤清とピカソの代表作などが展示された会場

 柳津町の斎藤清美術館は18日から、同館で秋季特別企画展「斎藤清VSピカソ」を開く。会津坂下町出身で晩年を柳津町で過ごした版画家斎藤清の木版画と、20世紀美術の巨匠パブロ・ピカソのリノカット版画の代表作を紹介する。

 開幕を前にした17日は、オープニングセレモニーと内覧会が開かれ、小林功町長、佐々木吉晴館長ら関係者がテープカットし、開催を祝った。

 企画展では、斎藤とピカソの作品など計80点を前期(18日~10月24日)と後期(10月26日~11月28日)に分けて展示する。版材や質感などが異なる2人の作品を見てもらい、版画の魅力を体感してもらうことを目的としている。

 初日は午後2時から、佐々木館長がピカソのリノカットをテーマに特別講演する。会期中はミュージアムコンサートやナイト・ミュージアム、ギャラリートーク、リノカット版画を体験するワークショップなどが開かれる。

 開館は午前9時~午後4時30分。観覧料は一般700円、高校・大学生500円、中学生以下無料。月曜日は休館(今月20日は開館、同21日休館)。問い合わせは同美術館(電話0241・42・3630)へ。