威風堂々、2年ぶり藩公行列 「会津まつり」中高生ら演武披露

 
出陣式で剣舞を披露する一箕中生徒=19日午前、会津若松市・多目的広場

 会津の秋の風物詩「会津まつり」は19日、会津若松市の鶴ケ城公園多目的広場でメイン行事の会津藩公行列が行われた。中学、高校生らが演武を披露し、堂々とした姿を見せた。

 藩公行列は昨年、新型コロナウイルスの影響で中止されたため、2年ぶり。街中での行進は中止し、広場内で出陣式と行進を行った。会津を治めた歴代領主や武者、白虎隊などの衣装を着た関係者約170人が参加した。

 出陣式では一箕中が白虎隊剣舞、葵高と会津なぎなたスポーツ少年団が演武を披露した。主催の会津まつり協会長の室井照平市長が「威風堂々たる姿を見せましょう」と呼び掛けた。

 最終日の20日は午前10時10分から、同広場で日新館童子行列が行われる。広場への入場は関係者のみに限られる。